太陽光の価格低下

陽がくれる

太陽光発電システムといえば、金銭的なメリットの反面、やはり高価なイメージがあります。太陽光により発電するためパネルが高いか、など気になるところです。実際のところはどうなのでしょうか。 少し前の価格で言えばイメージ通り高いです。しかし、今現在は徐々に価格が下がってきています。やはり、海外メーカーを意識して価格を下げつつ、質の良いものにといった感じにもとれます。 ただ、メリットが多い太陽光発電ですが、当然設置するにあたり、他にも諸経費がかかってきます。大体は屋根の上に設置するかと思います。この場合、設置業者の工場料金や電材などがかかってきます。これにかかるお金は今後あまり下がることは期待できないかと思います。ただ、太陽光発電は年々値下がりしています。

現在、住宅街でよく見る太陽光発電、住宅用の太陽光発電はいつから始まったのでしょう。 始まったのは、およそ1990年頃からです。これを聞いてどう思ったでしょうか。ここ近年に始まったと思った、それともそれよりも前から存在して実用化されていたと思った、など色々と捉えられるかと思います。 ここ近年、売電制度というものが導入されました。これにより、買電価格よりもかなり高く売電できるようになり、太陽光発電を設置することにより得られる金銭的なメリットがあります。 このメリットにより一気に太陽光発電への注目が高まり、全国的に広がっていったのかと思います。太陽光発電システムの価格は始まったばかりの頃に比べて年々値下がりをしています。