自分で作れる

夕日

 原子力事故以降、太陽光発電に注目が集まっていますが装置一式を自作する人も徐々に増えて来ています。  以前から同様の自作を行う人というのは居たのですが、太陽光発電が世界的に広まり中国などでパネルが大量生産されるようになった為、全体的に必要な予算が減ってきたというのも注目を集めるようになった一つの事情です。  必要な予算は出力によっても大きく異なるのですが、スマートフォンの充電を目的とする程度であれば一万円以下、家電を使うレベルの発電をしたいのなら10万前後で作る事が出きます。  ある程度の大型発電設備を作るためには、電気関係の資格などが必要となるなど、手軽に作るという訳には行きませんが簡単な物であれば子供さんが夏休みの工作で作る事も可能です。

 元々太陽光発電が注目を集めていたのは、電気を引きにくい僻地であったり災害の際の予備電源としてでした。  それと同時に太陽光発電を自作する人々というのも一定数いましたが、あくまでも趣味の範囲という事で大勢の人が行う趣味とは言えませんでした。  それが福島原子力発電事故以降の太陽光発電への注目の中で、太陽光発電の自作に注目が集まるようになりました。  それと同時に、中国などの新興国でパネルの大量生産が始まり、その他にも必要な道具などが多く販売されるようになります。  こういった流れの中で自作に挑戦する人々というのは徐々に増えていき、ネットで製作過程の公開をしたり関連書籍という形でhowtow本が販売されるようになりました。